亀岡 嵩幸

アイコン_Kameoka.png

所属

  • 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報学専攻 2年
  • 梶本研究室
    〒182-8585
    東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
    電気通信大学 西3号館4階401号室
    TEL/FAX 042-443-5363

自己紹介

触覚を中心とした皮膚感覚の研究を行っています。
趣味で尿失禁感覚を再現、提示する装置の開発を行う「失禁研究会」を運営しています。
そのほか電子工作、スチームパンクアート活動も行っています。
普段はTwitterにて活動を報告しています。

研究

  • Measuring Stickiness (粘着感の計測)
  1. 亀岡嵩幸,髙橋哲史,YemVibol,梶本裕之
    圧力分布センサを用いた粘着感の測定
    第21回 日本バーチャルリアリティ学会大会 (20周年記念大会)2016.9. つくば国際会議場.[filepdf]
  2. Takayuki Kameoka, Akifumi Takahashi, YemVibol, Hiroyuki Kajimoto
    Measurement of Stickiness with a Pressure Distribution Sensor
    AsiaHaptics'16, Nov.29 - Dec.1, 2016, Kashiwanoha, Japan.[filepdf]
  3. 亀岡嵩幸,髙橋哲史,YemVibol,梶本裕之
    粘着感計測の予備的検討
    第3回多元質感知領域班会議,東京,2016年3月
  4. Takayuki Kameoka, Akifumi Takahashi, YemVibol, Hiroyuki Kajimoto
    Quantification of Stickiness Using a Pressure Distribution Sensor
    IEEE World Haptics Conference 2017, June 6-9, 2017, Munich, Germany.[filepdf]
  • Haptopus: Transferring Touch Sense of Hand to Face Using Suction Mechanism Embedded in Head-mounted Display
  1. 亀岡嵩幸,今悠気,梶本裕之
    吸引圧触覚提示装置を内蔵したHMDの開発
    インタラクション2018 第22回一般社団法人情報処理学会シンポジウム 2018.3. 学術総合センター.[filepdf]
  2. Takayuki Kameoka, Yuki Kon, Takuto Nakamura, Hiroyuki Kajimoto
    Haptopus : Transferring the Touch Sense of the Hand to the Face Using Suction Mechanism Embedded in HMD
    6th ACM Symposium on Spatial User Interaction 2018.10. Park Inn By Radisson Alexanderplatz Berlin.[filepdf]
  3. Takayuki Kameoka, Yuki Kon, Takuto Nakamura, Hiroyuki Kajimoto
    Haptopus: Haptic VR Experience Using Suction Mechanism Embedded in Head-Mounted Display
    31st ACM User Interface Software and Technology Symposium 2018.10. bcc Berlin Congress Center.[filepdf]
  4. Takayuki Kameoka, Yuki Kon, Takuto Nakamura, Hiroyuki Kajimoto
    Haptopus : HMD with Built-in Pressure Sense Presentation Device by Suction Stimulus
    Asia Haptics 2018.11 14-16. Songdo Convensia Incheon.[filepdf]
  5. Takayuki Kameoka, Yuki Kon, Takuto Nakamura, Hiroyuki Kajimoto
    Haptopus : Haptic VR Experience Using Suction Mechanism Embedded in Head-mounted Display
    IGGRAPH Asia 2018 Emerging Technologies, 2018.12 4-7. Tokyo International Forum.Tokyo, Japan.[filepdf]

活動実績

  • 失禁体験装置
  1. 2015年10月, 2015IVRC:決勝進出(3位),タイトル:「ユリアラビリンス」,チーム:失禁研究会, 川上記念特別賞(3位) & コロプラ賞 [web]
  2. 2016年4月, ニコニコ超会議に出展
  3. 2016年3月, NHK総合テレビジョン「マサカメTV」 2016年3月26日(土)放送に出演, [link]
  4. 2016年4月, KAI-YOU掲載[link]
  5. 2016年7月, 日本テレビ「月曜から夜更かし」 2016年7月4日(月)放送に出演, [link]
  6. 2016年10月, Innovative Technologies2016:「失禁体験装置」, 特別賞「Human」受賞[web]
  7. 2016年11月, テレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」2016年11月17日(木)放送に出演, [link]
  8. 2016年11月, Yahooニュース掲載[link]
  9. 2017年2月, テレビ朝日「お願い!ランキング」 2017年2月21日(火)放送に出演 ,[link]
  10. 2017年2月, 第22回学生CGコンテスト:「失禁体験装置」, 「未来館賞」受賞[web]
  11. 2017年6月, VRクリエイティブアワード2017にてファイナリストに選出,[link]
  12. 2017年9月, テレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず2」2017年9月10日(日)放送に出演,[link]
  13. 2017年9月, JAPAN VR EXPO「先端VRコレクション」に出展,[link]
  14. 2017年9月, NHK Eテレ「人体くん」に出演
  15. 2017年11月, 第2回日本トイレひと大賞を受賞,[link]
  16. 2018年1月, JapanVR Fest 2018銀座(銀VR)に「㈱桜花一門」とコラボしホラー×失禁体験コンテンツを展示,[link]
  17. 2018年9月, EC2018にて論文(ノート)の投稿とデモ展示を行いました,[link]
  18. 2018年10月, EC2018にて失禁体験装置がQualification(エンターテイメントにおける装置有用性)を認定されました,[link]
  19. 2018年10月, 総務省主導、異能(inno)vationプログラムにおいて破壊的な挑戦部門に採択されました,[link]
  20. 2018年12月31日~2019年3月17日, バンダイナムコアミューズメント、ナンジャタウンにて行われるナンジャ叱られフェスに失禁研究会が技術協力を行いました,[link]
  • もぐら体験
  1. 2017年10月, 2017IVRC:決勝進出(7位), タイトル:「もぐらMoguMogu」,チーム:もぐらぶいあーる [web]
  2. 2017年12月, Mashup Awards2017 準決勝進出, タイトル:「もぐらMoguMogu」[link]
  • ハッカソン
  1. 2017年11月, KLab×JAXA「月探査ハッカソン」:丸山英梨子,森山多覇,松浦悠,亀岡嵩幸,宮上昌大,最優秀賞[web]
  2. 2017年12月, Yahoo! JAPAN Hack Day 2017 参加, 制作物「iSpineer」:ハンドスピナー型インターフェース(動画56分23秒から)
Last-modified: 2019-05-08 (水) 16:39:31