加藤 寛士

kato.jpg

所属

  • 電気通信大学大学院電気通信学研究科 人間コミュニケーション学専攻 博士前期課程1年
  • 〒182-8585
    東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 電気通信大学
    人間コミュニケーション学科 西3号館4階402号室
    TEL/FAX 042-443-5363
    hiro.kato [at] kaji-lab.jp

ひととなり

  • 自己紹介
    調布生まれの調布育ち.
    本屋さんやWEBサービスのウオッチが好きです.
    自転車やバイクで遠くに一人旅に出かけたりがマイブーム.

    サブカル系と言われますがあまりピンときてません.
    策士と言われますが基本的に善人のはず.
    バーチャルリアリティ技術者認定試験は無事合格しましたよ(笑)

  • 生き方・思想
    日常生活とエンターテイメントの境界が分からなくなる.どんどん区別が難しくなる… 仲間と協力しながら,そんな世界を作りたいです.

    例えば…
    学習塾とゲームセンター,同じ施設にできないでしょうか…
    どうにかして退屈な単純作業をエンターテイメントに変換できないでしょうか…
    そんなコトを日々妄想しながら, バーチャルリアリティやヒューマンインターフェイスについて研究しています.

    10年後…
    みんなが働いたり学んだりする日常をもっと大好きになって,もっと人生を愛せるような,ステキ社会を作っていたいです.

  • 自分にとっての梶本研究室
    モノを片付けられない人とメガネをかけている人が多いです.
    先生も含めて,皆さん常に半径3メートルのマイワールドを展開しておられます.
    自由と挑戦の空気のなか,ワールドどうしの重なり合いが毎日のようにおきて,そこからいろいろな発想が生まれる.
    そんな混沌と創造の現場.それが梶本研究室です.

研究テーマ

  • 触の錯覚(ファントムセンセーション)
    ph1.jpg
    「錯視」は有名ですが、実は「錯触」とでも言うべき現象もたくさん存在します.
    ファントムセンセーションもそんな触覚の錯覚現象の1つです。ファントムとは幽霊や幻を意味しますが,その名の通り…
    触られていないのに,触られていると知覚してしまう現象
    のことです.英語圏ではFunneling illusion,Funneling Sensation,Phantom Sensationと呼ばれています.
    この現象を発見したのは,ノーベル医学・生理学賞を受賞*1した,1940年代頃から活躍した音響・生物学者のベケシー(Georg von Békésy)です.
    とても不思議な知覚現象ですが,彼は工学的に発生させる得ることも示しました.

    • ファントムセンセーションの体験
      触られていないのに,触られていると知覚してしまうとはどういう事でしょうか?
      よくホラー映画などで見られる,「今,誰か触った……!?」のような状況のことでしょうか?

      updating

    • ファントムセンセーションの応用

      updating

    • まとめ
      ファントムセンセーションは既に触覚呈示装置への応用も多く試みられていますが、生起の条件や現象自体の特性は未解明な部分も多くあります.
      ファントムセンセーション現象の特性を解明・整理し、さらに新たな検証も行うことで認知科学の分野や新たな触覚呈示装置の開発に貢献することを目指しています.  

業績

  • 国内口頭発表
    • 加藤 , 橋本 , 梶本 : ファントムセンセーションの拡張に関する研究(第1報):「ファントムセンセーションに対する刺激特性の付加」,日本バーチャルリアリティ学会大会(2008年9月奈良)[filepdf]
  • 加藤 , 橋本 , 梶本 : 「Iファントムセンセーション現象と刺激像の質的変化」,第9回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門大会(2008年12月岐阜).[filepdf]
  • 加藤 , 橋本 , 梶本 : ファントムセンセーションの拡張に関する研究(第3報):「刺激像への特性付与と触覚ディスプレイへの応用検討」,日本バーチャルリアリティ学会 大会(2008年9月東京)[filepdf]
  • 加藤, 橋本, 梶本:前腕部ファントムセンセーションを用いたポータブルゲームの触覚的没入感, WISS2009(2009年12月 静岡)[filepdf]
  • 加藤, 福嶋, 古川, 梶本:音楽鑑賞による身体動作意志の筆記・描画作業への誘導, エンターテイメントコンピューティング2010(2010年10月 京都)[filepdf](ポスター)
  • 加藤, 福嶋, 古川, 梶本: 錯触を利用した触覚的空間境界提示, WISS2010(2010年12月 裏磐梯)(ポスター)
  • 海外口頭発表
    • H. Kato, Y. Hashimoto, H. Kajimoto:Basic Properties of Phantom Sensation for Practical Haptic Applications, EuroHaptics2010, Amsterdam.(2010/7/8-10)[filepdf](ポスター及び口頭)
  • 講演
    • 加藤, 橋本, 梶本:ウエアラブル機器における錯触現象からの貢献,ウェアラブルコンピュータ研究開発機構定例会 (2009年12月 東京)
    • 加藤, 橋本, 福嶋, 古川, 梶本:錯触現象を利用した,ポータブルゲームのための空間的触提示,CEDEC2010 (2010年8月 神奈川)
  • 学位論文
    • 学士論文:ファントムセンセーションの特性とその拡張性,電気通信大学人間コミュニケーション学科(2009).
Last-modified: 2011-01-26 (水) 07:45:05

*1 ファントムセンセーションとは別テーマでの受賞