水原 遼

所属

  • 電気通信大学 情報理工学研究科 情報学専攻 修士2年
  • 梶本研究室
    〒182-8585
    東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
    電気通信大学 西3号館4階401号室
    TEL/FAX 042-443-5363

研究

  • 国際学会
  1. R.Mizuhara, A.Takahashi, H.Kajimoto,"Elemphasize: Emphasizing Mechanical Tactile Sensation via Electrical Stimulation", In Special Interest Group on Computer Graphics and Interactive Techniques Conference Emerging Technologies (SIGGRAPH ’20 Emerging Technologies), 2020.8, Virtual[filepdf]
  2. R.Mizuhara, A.Takahashi, H.Kajimoto"Combination of Mechanical and Electrical stimulation for an Intense and Realistic Tactile Sensation",VRCAI 2019, 2019.11, Griffith Film School, Brisbane, Australia, short paper[filepdf]
  3. R.Mizuhara, A.Takahashi, H.Kajimoto"Enhancement of Subjective Mechanical Tactile Intensity via Electrical Stimulation",Augmented Human 2019, 2019.3, Hôpital Robert Debré, Reims, France., Oral Session[filepdf]
  4. R.Mizuhara, S.Kaneko, H.Kajimoto"Observation of Finger Skin Movement on Periodical Bumps",Eurohaptics 2018 conference, 2018.6, Palazzo dei Congressi di Pisa (Pisa Congress Palace), Work-in-Progress Session[filepdf]
  5. S.Kaneko, R.Mizuhara, H.Kajimoto, S.Okamoto,"Measurement and analysis of spatial-temporal skin deformation on an electrostatic tactile display,Eurohaptics 2018 conference, 2018.6, Palazzo dei Congressi di Pisa (Pisa Congress Palace), Work-in-Progress Session[filepdf]
  • 国内学会
  1. 水原遼,梶本裕之:多点振動刺激における主観的強度と知覚面積,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2020,2020.5,オンライン,ポスター発表[filepdf]
  2. 金子,水原,Yem,梶本,岡本:静電触覚ディスプレイにおける皮膚変位の計測,第22回日本バーチャルリアリティ学会大会,2017.9,徳島大学 常三島キャンパス,[filepdf]
  3. 水原遼,髙橋哲史,梶本裕之:機械刺激と電気刺激の組み合わせによる触覚提示の強調,第23回日本バーチャルリアリティ学会大会,2018.9, 東北大学 青葉山キャンパス.[filepdf]
  4. 水原遼,髙橋哲史,梶本裕之: 機械刺激と電気刺激の組み合わせによる触覚提示の強調(第二報):感覚の質に関する評価, 第24回 日本バーチャルリアリティ学会大会, 2019.9 11-13. 東京大学 本郷キャンパス [filepdf]

受賞

  1. 企業特別賞受賞,2020/11/25.水原:安全で心地よい耳かき体験「plEARsant」,OPEN異能vation2020,2020.11.25,オンライン開催Link受賞報告
  2. NTTドコモ賞受賞,2020/12/19.水原:Alones ~一緒に作業してくれるARアプリ~,ヒーローズリーグ2020,2020.12.19,オンライン開催Link受賞報告

自己紹介

ちょっと変で面白いものが好き. 休日はUnityとかBlenderで作りたいものを作ってます. 長めの休みには触覚デバイスも自作したりする.

Last-modified: 2020-12-19 (土) 19:30:19